ブレーカーを落とす!

節約はチリツモであると考えているので、手っ取り早くブレーカーを落とすという節電を心がけています。
やり方は簡単、電気のスイッチを切るように、家を出るときに冷蔵庫以外のブレーカーを落とだけです。
これだけで待機電力がなくなります。
家のあちこちの電化製品のコンセントを抜いて回らなくて済むので楽ちんです。
ブレーカーは大抵玄関にあるので、習慣化してしまえばOKですよ。
まずはブレーカーがどの電気に対応しているかを確認してみてください。
だた、一軒家や4LDKの家だと難しいと思います。
1LDKや2LDKなど一人暮らし向けのおうちに住んでいる人にはとってもおすすめです。
また、冷蔵庫以外にも常時電気をつけていなければならないもの、例えば録画予約しているDVDレコーダーなどがある場合も注意が必要です。
最後にもう一つ、使っていない電気のブレーカーはずっと落としっぱなしにするのもアリです。
春や秋のエアコンやソファーの後ろにあるコンセントは使うことがないことが多いと思います。
そういった場所のブレーカーは落としておくことで、節約につながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です